ケールはなぜ苦いの?

ケールはなぜ苦いの?

海外では、ケールはよく料理に使われていますが、日本では食べる事はほとんどないでしょう。独特の苦味とクセ、青臭さなどが理由で、決しておいしい野菜ではないのです。キャベツやブロッコリーと同じ仲間なのに、どうしてクセが強いのでしょうか。

 

ケールには、スルフォラファンと言う苦味の成分が含まれています。このスルフォラファンは、刻んだりすり潰すと増加する性質があります。これが、苦味の正体です。

 

しかし、スルフォラファンは、がんの予防に効果的とされていて健康によい成分です。最近の青汁は、以前よりも飲みやすくなっています。製造している企業は、いろいろな工夫を施して、蜂蜜、黒砂糖を使うなどしておいしい青汁を実現しています。

 

もう、まずイメージではなく、おいしい青汁と言うことが常識になってきています。健康のためにも、いちど試してみてはいかがでしょう。