足がむくみやすい人の特徴

足がむくみやすい人の特徴

足のむくみは女性に多くみられますが、職業や時間帯などによって、なりにくい人となりやすい人がいます。長時間の立ち仕事が多い看護師や販売員などの人は、夕方になると足がパンパンにむくんできて、靴がきつくなると話している方が多数います。

 

一日中立っていることが多いこのような職業の方々の足のむくみは、水分が重力で足の方へと下がるために引き起こされています。またデスクワークの多い事務系の職業の方々は、足に負担をかけるという事は少ないものの、ずっと座り続けていることで足がむくんでしまっています。

 

長い時間、同じ姿勢で座り続けていることでふくらはぎの収縮が行われない事が原因と考えられます。デスクワークの方々は、むくみ予防として、時間を決めて足を動かすと効果的です。

 

デスクワークも立ち仕事も両方に共通して言える事は、運動不足が足のむくみを招いているということです。少しの時間でもいいので、ふくらはぎの収縮運動をするためにマッサージなどを行う事が効果的です。仕事中に行うのは難しいかもしれませんが、足のむくみ予防のために少しだけでもマッサージをしてあげましょう。

 

また、足がむくみやすい傾向がある人の中には、多くの水分と取っているにもかかわらず、あまりトイレに行かないという人がいます。さらにあまり汗もかかないという人は、基礎代謝の機能が低下している可能性があります。そのため、むくみをマッサージで解消する前に、身体の中から改善していくほうが効果的です。